当院の施術方針 | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

カイロプラクティックは対処療法ではなく根本療法です。

根本療法のため症状は追いません。カラダの歪みに対しても直接アプローチしません。

行うことは症状や歪みを起こす根本原因であるサブラクセーション(神経バランスの乱れ)を、神経のトーンを聴き分けながら見つけ出し、アジャストメントによって(矯正)によって取り除くことです。

根本原因を取り除くことで自然治癒力が高まり、人間本来の姿である「寝れば治る」という自然な状態を目指していきます。

古河市整体フジサワカイロプラクティックの施術理論

これは私が治癒の本質を求めて私自身が理解・納得・確信できた考えです。
これが正解というわけではりません。その答えは人によって違うかもしれません。

ただ私から見て、成功している、整体・カイロプラクティックなどの手技療法家で、達人の域に達している先生方の共通点として間違いなく全員に言えることはクライアントさんの潜在意識にアクセスしているということです。

これこそが私が知りたかった治癒の本質です。

ただ、各々の手技において、その潜在意識にアクセスするためのプロセス・施術方法や見解が違うだけで、最終的に行きつく先は一緒だと言えます。
それを踏まえたうえでの私の施術理論です。

私の場合、カイロプラクティックによるガンステッドテクニックという矯正(アジャストメント)を行います。
ですが、アジャストメントがガンステッドテクニックなだけでアジャストメントをどこにするか決める検査方法はナーボスコープやレントゲン分析をするガンステッド方式ではありません。

私の場合、ガンステッドテクニックだけでなく、AK(アプライドキネシオロジー)、アクティベーターメソッド、操体法など、数種類の手技を学んできましたので、それを総括して出した理論です。

まず、アジャストメントおいては現在、骨盤(仙骨、腸骨など)と上部頸椎(首の1,2番)以外はほとんど行っていません。
なぜなら、その間にある背中や腰の問題は骨盤や上部頸椎の2次的なものだと考えているからです。

カイロプラクティックの考えで言うと、背中や腰の問題のほとんどがフィクセ―ション(擬似サブラクセーション)だと考えているからです。
その確信を得たのは、操体法による座位での三軸操体法で、骨盤にかかる重力バランスを用いて骨盤を調整するというやり方です。

この方法を使って背部痛や腰痛が劇的に変化することを臨床上よく見てきたからです。

この観方をカイロプラクティックで応用するとなると背骨や腰の矯正はほとんど必要なくなるということです。(実際はこれ以外のプロセスはもっとあります)

そして上部頸椎こそ最も大切な部分だと言えます。
なぜなら、首から下をいくら正しい状態へ整えても上部頸椎に問題があれば、その正しい状態を認識してくれないからなかなか改善にたどり着かないからです。

上部頸椎はカラダにある神経のスタート地点であり、脳幹がある部分でもあります。
脳幹は私たちが生きていく上で欠かせない部分であります。

日頃、意識しなくても心臓や内臓が動いていてくれるのは脳幹がそうやって司令を出しているからです。
いわゆる自律神経をコントロールしている部分が脳幹です。

つまり、このスタート地点が最初から狂っていれば、良くなるものも良くならないのです。

例えばですが「腕を曲げろ」という指令が伝わる回路で説明すると、カラダから脳に伝わる指令が100%来ていたとして、それを脳がその司令をキャッチしてカラダにその司令を送り返します。
この流れを求心性(カラダから脳)、遠心性(脳からカラダ)と言います。

しかし、上部頸椎に問題があると、たとえ求心性がしっかりできていても、遠心性(脳からカラダ)において60パーセントしか認識が伝えてられなければ問題になります。
それが原因でいくら首から下を整えても、その情報をキャッチする脳、脳幹がバランスを崩していればなかなか良くならないのです。

上部頸椎は自然治癒力そのものだと私は思っています。
上部頸椎に問題があると、自然治癒力そのものが低下しているため、良くなるものも良くならない…。
そのような大元が上部頸椎なんだと感じています。

だからしっかりと正しい情報を認識できるようにするために上部頸椎をアジャストメントによって整えることが必要になります。
つまり、カラダから脳へ、脳からカラダへの流れをうまく循環できるようにしてあげることが自然治癒力を引き出すことにつながると考えています。

おおざっぱではありますが、この流れをいかに整えていけるか?が自然治癒力とつながるカギになっていると古河市整体フジサワカイロプラクティックでは考えています。

古河市整体フジサワカイロプラクティックの施術哲学

開業当初から私が感じていた疑問です。
カイロプラクティックの施術によって症状が改善する人としない人がいるのだろう?
もちろん、術者の腕や判断が悪いということもありますが、それ以上に何かあったり、それ以前の問題だったり…。

治癒の本質とは何なのか?

この答えとなる確信が知りたくて、たくさんの本を読みました。
興味があるセミナーや勉強会にもたくさん出席しました。
カラダだけでなくメンタル系のセミナーにも行きました。

その中でもこれなら答えが分かるのではないか?と感じたのがAK(アプライドキネシオロジー)の勉強会です。AKの内容はまさに知りたいことだらけの宝庫でした。
2年間、毎月1回、横浜まで勉強に行きました。

おかげで知識は格段に増えた。今まで見えなかった部分も見えるようになった。
カラダの観方や考え方も変わった。

でも、治癒についての本質の答えは出てこなかった…。

そこからすぐにフィシオエナジェティックというホリスティックなキネシオロジーとも出会い、セミナーに参加した。 運よくフィシオエナジェティックの創始者であるラファエル先生より直接指導も受けた。

フィシオエナジェティックは本当に素晴らしいキネシオロジーだと思う。
数あるキネシオロジーの中でも、フィシオエナジェティックは群を抜いてずば抜けていると思う。

ただ、フィシオエナジェティックをやり出すとカイロプラクター、手技療法家とは言えず、完全にホリスティックな世界に入ってしまう。 自分の中ではそこが引っ掛かった。

そこから先に操体法と出会う。

この出会いは自分にとって大きな転機となり、操体法と出会って5年後、自分の中の操体法がやっと出来るようになった頃に、ようやく操体法を通して治癒の本質が見えてきたのです。
その答えに操体法を通してたどり着いたから自分は操体法で骨を埋める覚悟でいたが、どうやらそうはさせてくれないらしい。

治癒の本質が見えた途端、最終的に向かう先はどの手技療法も同じなのだと分かってきたのです。

その瞬間、自分の中にあったカイロプラクティック魂が爆発したのです。
治癒の本質が知りたくていろいろ探してみたけど、最終的に自分は、やはり、カイロプラクターだったようです。

そこをきっかけにカイロプラクティックって楽しくしょうがない!毎日、カイロプラクティックの哲学の本を読んで読んで読みまくる日々…。
おかげでカイロプラクティック哲学の中に、治癒の本質が書かれていたことを知る(笑)

しかも、その答えは自分が学生時代から知っていたこと(笑)
本当、遠回りしまくった。でも、そのおかげでやっとその言葉が腑に落ちたし確信できた。

そして私が出した治癒の本質の答えが、この哲学なのです。

一番素晴らしいドクターは治療者ではない。
あなた自身の自然治癒力である

サブラクセーションを取り除くためのアジャストメントを本当に必要とする1~2ヶ所のみ行い、後は自然に任せなさい。

あくまでざっくりですが(*^_^*)
もちろん、この言葉の裏やその過程、プロセスがあってのこの哲学です。

治りますか?という質問について 古河市整体フジサワカイロプラクティック

メールやお電話で「こんな症状ですがそちらで治せますか?」という質問を受けることがあります。
しかし、それにはお答えできません。

治るかどうかということは法律的な問題もありますが、実際に治るかどうかは症状自体の問題ではなく、その人の生活の仕方や思考、感じ方にかかっています。
痛みや不調などの症状は、その人の生き方や思考、感じ方の積み重ねによって発生した結果です。

西洋医学では痛みがあればそういうものを薬や注射で消してしまう対処療法を行っているわけです。
もちろん、生命にかかわる重大な場合はそれが必要ですが、痛みや不調などの慢性症状の場合は生活自体を根本的に改善しないと本当の意味での解決にはならないのです。

失礼な例えですが、肥満になると成人病や糖尿病の予備軍だと言われ、さらに病気になれば様々な合併症を起こすとも言われます。

しかし、肥満が成人病や糖尿病の予備軍になる原因なのでしょうか?
私の考えは違います。

外見はあくまで結果であり、問題なのは肥満になるまでの過程です。
乱れた食生活や生活習慣をしていた結果として「肥満」につながるのです。

「肥満」という外見が病気につながるのではなく、肥満になる過程の生活習慣や食生活こそが成人病や糖尿病につながる根本原因なのです。

だからといって、肥満を改善しようと外科的手術で脂肪を取り除くのは、肥満になった原因を取り除いているのではなく、あくまで対処療法です。
外科的手術で脂肪を取っても、また同じ生活習慣や食生活を続けていれば肥満になります。

だから根本はあなた自身がそのような食生活や生活習慣を改めていくことが根本的改善につながるのです。 「そのためにはどうすればいいのか?」その答えは人によって様々で、食生活を正すことが重要な人もいれば、運動をした方がよい人もいます。

あるいはどちらも必要かもしれません。

この例えと同じように「痛みや不調をどのように改善したらよいか?」この答えはその人によって様々です。
人間は機械ではなく「魂」が宿っています。だからマニュアル通りの解決策はないんですね。

同じ人でもその日その日によって違う方法が必要になるかもしれません。
あなたの症状は○○だから「こうすればよいですよ!」と簡単には申し上げにくいのです。

古河市整体フジサワカイロプラクティックでは、患者さんの心と体と対話して感覚に問いながら、その都度、どうしたらよいのか?という答えをカラダから教えてもらうのです。
カラダと対話する感覚がつかめてくると、自分でも自力で体を整えることができるようになります。

その感覚を教えてあげたり、導いていくのが私の役目なのです。
いわば、あなたのカラダのカーナビゲーションのような感じです♪

改善に向かうにはあなた自身もカラダの変化を受け入れる気持ちが大切です

施術において私が大切にしているのは「同調」です!

院長 藤澤が日々患者さんを施術するうえでもっとも大切にしているのは「同調」です。

「同調」の意味は人によってとらえ方や解釈は違うと思いますが、私の中で改善していくクライアントさんの気持ちを言葉で表すと「同調」という表現が一番しっくりきたのでそのように表現しています。

私は「同調」という答えを出すまで「良くなる患者さん」「あまり変わらない患者さん」では「いったい何が違うのか?」いつもその答えを探していました。

真剣に施術されている整体・カイロの先生であれば、一度や二度、誰もが悩み、考えるだろう大きな壁の1つだと思います。

私自身もそうとう悩み、時にはスランプに陥ったこともあります。

「腕がまだまだ未熟なのか?」
「これで良くなるのになぜあの患者さんは変わらないのだろう?」
「体は調整されているのになんで痛みがとれないのだろう?」

いつもこのようなことを心の中で自問自答しながら繰り返していました。
もちろん専門の医療機関を受診すべき場合を除いてのことです。

ですが、ある日突然ですが、偶然にも体が良くなる患者さんに共通している部分に気づいたのです!

それは「その患者さんにとって心地よいと感じる刺激」を充分に味わうことがカラダの快復へとつながるということです。

体が心地よさを味わい、良くなることは「心」「魂」あるいは「環境」「食事」においても同じことがいえるのではないでしょうか。

私の施術は、患者さんが心地よいと感じる部分に耳を傾け、体のねじれがスッ―と、とれていくイメージをしながら施術を進めていくのです。

そして、患者さんと共に「体が良くなる」状態を目指しながら施術すると不思議に体は良くなるのです。

これが私にとっての「同調」の意味です。

同様にあまり変わらない患者さんの共通点にも気づきました。

あまり変わらない患者さんの1つの共通点は、私が「痛みの原因」「お体の状況」など詳しく説明しているにも関わらず「私の痛みの原因は何ですか?」「私の体どうなっているのですか?」などと同じことを何度説明しても、そのことについて何度も質問してきます。

ということは私の説明を聞いていないし、受け入れていないのです。
つまり、どんなに私が説明しても、体が改善へ向かう施術刺激を与えても、それらを受け取ることを拒否していればなかなか良い結果は得られないのです。

しかし、患者さんの中にはご自身の「心」や「体」の声との対話するのがあまり上手ではない方もいらっしゃいます。

そのような患者さんの場合、施術前と比べ、体の可動域が増えていてもその変化に気づけなかったりうまく感じ取ることができないことがあります。

ですが、何度か施術を行うごとにカラダの感性も鋭くなってきますので「体が軽くなっている」「痛みが減っている」「動きの幅が増えた」など徐々にカラダの変化を感じとれるようになります。

もう1つの共通点は何らかの理由でカラダが快復することを拒否している場合です。

「何らかの理由」とは痛みや不調がカラダから消えてしまうと困ることです。

たとえば
「腰の痛みがなくなったらまたイヤな仕事に復帰しなければならない」
「不調がなくなったら家族から構ってもらえない」
「痛みがあれば重労働をさせられなくて済む」

など、人それぞれ状況は違いますが「痛みや不調があるのが自分にとって都合のよい状態になっている」という心理的要因がカラダの快復を拒否しているのです。

このような心理的要因が働いている場合、自分自身にそういう気持ちがあることに気づくことで心のブロックが解除されます。

このページで述べている「同調」は、科学的に説明できるものでもなければ形となって目に映るものでもありません。

施術を通して私なりに感じてきた論であります。

ですが、こういう目には見えない感覚や空間こそ、私は「一番重要なことでなのではないか?」と感じています。

解剖学や生理学などの机上の理論や勉強もとても重要ですが、私はそれだけはなく、人間に備わっている五感を使った感じ取り方をとても大切にしています。



ここでは書ききれないさらに詳しいご紹介についてはこちら⇒古河市整体の世界観


ページの先頭へ