院長のご紹介 | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

院長のご紹介 | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

「施術の世界」に魅了された「施術好き」な院長藤澤が情熱を注ぎ、あなたの健康を楽しくソフトにサポートします!!

古河市整体の院長紹介

古河市整体フジサワカイロプラクティック
院長 藤澤 隆義

2003年、東邦カイロプラクティック専門学院卒業
フィシオエナジェティック協会会員
カイロプラクター
EFTプラクティショナー
キネシオジスト
リフレクソロジスト

東邦カイロプラクティック専門学院にて学長に仕込んでもらい、ガンステッドテクニックを取得。

その他、どんな方にも対応できる技術をを学んでいます!

古河市整体フジサワカイロプラクティックのモットーは、体の状況を良く知ってもらうための「説明」と「適切な施術」です。

来院される患者さんの多くは自分の体の状態を知らないという方がほとんどです。

そんな患者さんに自分の体の状態をよく知ってもらうようにわかりやすい説明を心がけています。

私が今まで学んできたテクニック(現在も日々学んでいます)
ガンステッドテクニック、アプライドキネシオロジー(略してAK)、各種キネシオロジー、フィシオエナジェティック、アクティベーターメソッド、トムソン、ディバーシファイドテクニック、内臓調整、頭蓋骨調整、ソフト整体、マッスルエナジーテクニック、トリガーポイント、四肢アジャストメント、カウンターストレイン、マッケンジー、SOT、超愛術ヒーリング、EFT(心理療法)

古河市整体フジサワカイロプラクティック 院長ごあいさつ

古河市整体フジサワカイロプラクティック 院長の藤澤です!

こんにちは!古河市整体フジサワカイロプラクティック 院長の藤澤です!

地元、茨城県古河市(旧総和町)の自宅の一室にて開業しています。

私、藤澤は「施術」がとっ~ても好きなんです!

  • 人間の「心と体」の奥深さ
  • テクニックセミナーに出席し、学ぶ楽しさ
  • 施術後に体の反応が変わる楽しさ
  • 施術テクニックを行っている時の楽しさ
  • 患者さんに体の状態やどんな施術をするかお伝えする楽しさ
  • 患者さんがリラックスできる院内の雰囲気を作る楽しさ

私は、どんなことでも施術に関わることが大好きです!

「施術」にいつも楽しさを感じている「施術オタク」みたいな院長があなたとともに、体の悩みを一緒に分かち合い、考えながら、たまには楽しいお話しをしたり、地元の世間話をしながら、ラーメンについて熱く語る時もあれば、施術のことや体のことになると表情が職人の顔つきになるなど、さまざまな表情をしながら、「あなたの健康」を真剣にサポートしていく施術院を地元、古河市で行っています。

~院長 藤澤の「施術家」ストーリー~

私とカイロプラクティックの出会いは「おもしろそう!」から始まりました!

整体・カイロプラクティックの業界に身を置かれている先生方の多くは、自分自身が腰痛や何らかの体の症状を抱えていて、接骨院・鍼灸・整体・カイロプラクティックの施術で自分の体を治してもらったことに感動を覚え、「自分もこんなすばらしい道を歩みたい!」と考え、整体師・鍼灸師・カイロプラクターになったり、脱サラして第2の人生として選んだという先生方が多いようです。
(実際、私が入学したカイロ学校ではそのような生徒がほとんどでした。)

私の場合、カイロプラクティックの職業を選んだ理由が他の先生方とは少し違っていました。

私は、初めて見たカイロプラクティックの施術が純粋に心の底から、「うお!すげぇ~!チョーおもしろそうじゃん!」と感じたのです。

元々、健康のことや整体・カイロには全然興味がなかったのです。
私とカイロプラクティックとの出会いは、19歳の頃です。
高校卒業後、すぐに地元の工場に就職したのです。

選んだ就職先は、自動車の部品を作る工場で、部品を研磨するために大量の油を使い、手を油まみれにしながら研磨を行う仕事内容でした。

私は、元々アトピー持ちの肌で、油を使って行う仕事はもちろん、体にいいわけありません。
当時の私は、そんなことも考えずに自分の体に合わないような仕事を選ぶほど自分の体の健康に対して無知でした。

そして、仕事を終えるときは、手についている油を落とすために強い洗剤で手を洗います。

こんな作業を繰り返していると、やはり効果てきめんに、肌がボロボロになって皮膚が硬くなり、そこからひび割れを起こし、かゆさと痛さが同時に襲いかかってきました。

そんな自分の体に現れてくるつらさを感じ「こういう仕事は自分には続けられない!」と思ったのです。

体の状態を考えたその後、会社に辞めることにしました。

そして自分には「どんな仕事が合っているのか?」「本当はどんなことがしたいのか?」「どういった仕事が好きなのか?」「アトピーの負担にならない職業は何か?」などいろいろ考えました。

しかし、なかなか「これだ!」というものは思い浮かばなく、時は過ぎていきます。
そんな私の姿を見て、母親が私に「専門学校へ行って手に職をつけたら?」と助言したのです。

その時の私は「親にこれ以上お金を使わせたくない」との思いからあまり乗気ではなかったのですが、たまたま親戚の家へ行った時に、親戚の叔母からも「専門学校にでも行けば?手に職をつけた仕事の方が将来のためにもいいよ!学校へ行かせるお金なら親はもったいないなんて思わないよ。」と言われたのです。

なぜかその時、母親よりも親戚の叔母に言われたことの方が私の心に響いたのです。

して、叔母に言われたことがきっかけで「専門学校へ行く」という決心がつきました。

それから毎日のように「どんなところがいいか?」探しました。

そんな時、母親が「整体とかはどう?」ということになりました。

当時、私の母親は立つことがやっとのほどのひどい腰痛に悩まされていて、隣町にある整体院へ通っていたのです。

その時の私は、整体やカイロプラクティックのことなど全然知らなく、そんな名前の看板をみて食べ物屋?と思っていたほどです(笑)

そこで、母親に「何それ?」と聞くと、「整体は人の体の歪みや骨のズレを整えて腰痛などの痛みを取る治療方法だよ」と説明してくれました。

そして、自分が受けている整体のやり方を「こういうようなことしてやっていくんだよ」と私の体を使って体験させてくれました。

「なんかいいかも・・・」その時はそう感じたと思います。

そして、どんことをするのかが、なんとなくわかったので「とりあず、学校見学だけでもしてみようかな?」と軽い気持ちで整体ではなく、カイロプラクティックの学校を見学しに行きました。

その時、整体とカイロプラクティックも同じようなことするんだと思っていて、ただ単に「整体」という漢字の名前よりもカイロプラクティックというカタカナの名前の方がカッコイイからカイロを見学しよう!というあいまいな動機でした(笑)

そして、カイロプラクティックの学校で見た施術のデモストレーションが私の心に衝撃を与えたのです!


「ボキッ!」「…えっ?もう終わったの?」…あっという間の出来事でした。

見学しにいったカイロプラクティック専門学校の学長が、私の他に見学しに来ていた方の背骨をいとも簡単に矯正したのです。

そして、私と一緒に見学しにきていた母親もカイロプラクティックの施術を受けることになりました。

そこで、腰や首を検査するなり、まだ母親が症状を何も言っていないのに腰のどこどこが悪くてこんな歩き方やこんな状態になっているでしょ?とズバリ、全部言い当てたのです。

私は「何だ!?このおっさん、すげえ!全部当たってる!腰が痛いなんてまだ言ってないのになんで分かるんだ?」と心の中がパニックになっていました。(笑)

しかも驚くことに!矯正後、今まですごいつらそうにしていた腰の痛みがずいぶんと消えたのです。

これにはほんとにびっくりしました!それ以上に、私よりも母親本人の方がびっくりしていました。

整体に何十回も通っていてあまりよくならなかった腰痛がたった1回で、それもほんの一瞬の矯正でほとんど消えたからです。

「スゴイ!ほんとにすげぇ!!こんなことがじぶんにも出来たらめちゃめちゃおもしろそうだ!」

この瞬間から私はカイロプラクティックの魅力に取りつかれてしまったのです。
これが、私とカイロプラクティックとの最初の出会いであり、「施術好き」な院長藤澤が「施術家」としての道を歩むきっかけとなった原点です。

アジャストメント(矯正)が得意です!

今現在の施術方法はアジャストメント以外にもさまざまなやり方のテクニックを行って施術していますが、元々カイロ学校に在学していた時は、それこそ寝る時間以外はすべてアジャストに情熱をかけて勉強していました。

学校では、「アジャストの重性」「なんでアジャストするのか?」「どんなアジャストが効果を上げ、どんなアジャストが危険を及ぼすのか?」と事細かに勉強しました。

そのため、アジャストの重要性も危険性もよ~く勉強しました。

そして、人の体を施術すためには基礎医学もしっかり学び、身につけなければならないために「解剖学」「生理学」「病理学」「内科学」「栄養学」などカイロの実技以外にも慣れない医学用語に日々苦戦しながらさまざまなことを勉強しました。

そして、解剖実習にも参加しました。

今、思い返せば学生時代は「アジャスト」をいかにして「自分のもの」にするかを日々、考えてばかりいました。

自宅から電車で通う間も、食事をしている時も、バイト中も、寝る前も、お風呂に入っている時も、遊んでいる時も、寝ている時間以外1日中で考えていました。

学校での練習以外にも、友達・家族・親戚・バイト仲間・彼女(現在、私の奥さん)・会う人全員にいつも練習台になってもらい、「アジャストが決まる感覚」「肘の角度」「体の使い方」「力加減や力の方向」「スピード」などを常に意識しながら特訓していました。

ですが、毎日カイロのことばかりを考え勉強していても「つらい」と感じたことは1回もありませんでした。

つらいと感じるよりも日々練習してうまくなっていく自分の変化を楽しんでいたんだと思います。
そんな、カイロづくめの生活を学生時送ったためかアジャストメントが一番得意になりました。

今は、アジャスト以外にも得意とするテクニックはたくさんありますが、やはり基本の軸は「アジャストメントをとことん学んだこと」「基礎医学をしっかり勉強出来たこと」にあるのでは?と今では感じています。

アジャストメントで学んだ知識の応用で、新しいテクニックを学んでもすぐに理解ができてきます。

なんとなく、そのテクニックが本当に言いたいことのにおいを感じとることができるようになっていました。

おかげさまでカイロ学校でいい先輩や先生に巡り合うこともでき、しっかりとカイロプラクティックを勉強することができたことにとても感謝しています。

古河市整体フジサワカイロプラクティックでは、今までに4歳の小さなお子様から85歳のおばあちゃんまで安心できる安全なアジャストメント(矯正)を気持ちよく受けています。

整体・カイロプラクティックの「ボキッ」という、怖くて痛い矯正のイメージは古河市整体フジサワカイロプラクティックではまったくありません!
「気持ちいい」とおっしゃる方がほとんどです。

古河市整体フジサワカイロプラクティックでは、患者さんに自信を持って安心・安全な施術を日々提供しています!

そんな、安心・安全の古河市整体フジサワカイロプラクティックで行うテクニックの一つに「キネシオロジー」という筋肉の反応を見て、体を調整していくと~っても不思議な技法があります。

「体と心の声」を聴くキネシオロジーとの出会い

私の中にある「おもしろそう!」という興味やワクワクした感情が不思議な技法「キネシオロジー」を引き寄せました。

「キネシオロジー」とは、筋肉の反射を使い、「体と心の声」を聴いていく素晴らしい技法です。
日本では、指を使って行うオーリングテストが有名ですが、オーリングも元々はキネシオロジーをヒントに考案されたものと聞いています。

キネシオロジーも今では、タッチフォーヘルス・PKP・CK・バイオキネシオロジー・アプライドフィジオロジーなどその他にもさまざまな種類がありますが、元々はアメリカのカイロプラクターであるジョージ・グットハートという先生が考案されたアプライドキネシオロジー(略してAK)がキネシオロジーの始まりです。

基本的にアプライドキネシオロジーは、カイロプラクティックのテクニックです。

アプライドキネシオロジーは、私がカイロ学生時代に名前と「筋肉の反応をみながらさまざまな部分を調整する」という触りの部分だけ聞いたことがありました。

私の通っていたカイロ学校では、「ガンステッドテクニック」というカイロプラクティックの矯正テクニックの最高峰と言われるアジャストメントを学ぶことが中心だったのでアプライドキネシオロジーはカリキュラムにありませんでした。

アプライドキネシオロジーに興味を持った私は、「筋肉の反応を見ながらカラダを調整とは一体どんなことをするんだろう?なんかおもしろそうだぞ!」というワクワクした感情が湧いていたのを今でも覚えています。

カイロプラクティックの学校を卒業し、開業後もそのアプライドキネシオロジーに対する思いは冷めませんでした。

ある日、カイロプラクティック専門の情報誌を読んでいると、ある部分の記事に私の眼が引っ掛かったのです。

それは、アプライドキネシオロジーのことです。

なんと、横浜でセミナーがあるとのこと・・・・
そして、専門の教科書も売っていると書かれています!
迷わず、「これだ!」と決心して教科書を注文し、セミナーの出席の申し込みもしたのです。

勉強する期間は2年間です。

アプライドキネシオロジーの膨大な施術方法や考え方に圧倒され、今まで勉強したことのない東洋医学の陰陽五行の理論までも学びました。

本来、カイロプラクティックは東洋医学の考えはないのですが、アプライドキネシオロジーは東洋医学の理論までも取り入れた本当に奥の深いテクニックです。

アプライドキネシオロジーテクニックを取り入れてからは、私の施術テクニックや理論の幅は格段に広がり、今までとは患者さんの体の見方や施術する際の考え方が180度変わっていきました。

今まで、見えてこなかった答えが見えてくるようになり、患者さんの症状の改善率も以前と比べ、大幅にアップしたのです。

骨や筋肉・神経だけの施術ではなく、リンパ・頭蓋骨の動き・頭にある血管ポイントの調整・脳や体の使い方など機能的なアプローチ・内臓調整・東洋医学の陰陽五行や経穴(ツボ)などの経絡調整・バッチフラワーなど、その他にもさまざまな施術方法を身につけました。

アプライドキネシオロジーを学んだことにより、改めて人間の体の奥深さを感じさせられました。

「施術とはこうだ!」と施術者側の理論で行うのではなく、しっかりと患者さんの体の声を聞いてあげることによって答えが出てくると学んだのです。

そして、アプライドキネシオロジーを学んでいくと同時に、私は「体」だけの問題以外にも「心」の問題にも興味を持ちはじめてきました。

というのも、学生時代に「腰痛は怒りである」という本を読んだことがありました。
当時は、読んでもなんのこっちゃさっぱりわけのわからないことが書いてあるな~程度の印象でした。

しかし開業後、たまたまその本が気になって改めてもう一度読み返すと、「おお!こんなにも感情が体に与える影響は大きいのか!」と驚かされたのです。

おそらく、その時にやっとそのことに気づくレベルまでに達してきたのでしょう。
そして、感情が体に与える影響の大きさには度肝を抜かれました。

学生時代に読んだときは何とも思いませんでしたが・・・・・


それが「腰痛は怒りである」を書いたジョン・サーノ博士が提唱するTMS理論です。TMSとは、「緊張性筋炎症候群」の略です。

TMSは、精神的ストレスを体の中に貯め込んで、そのストレスを外に追い出すことが出来ない抑圧された感情が痛みを作るという理論の心理療法です。

「腰痛は怒りである」を読んだ私は、もっと感情のことについていろいろ知りたいと思うようになったのです。

そんなことを考えながら、なにげなくパソコンで感情のことについて検索していると「EFT」という心理療法のページが引っ掛かってきました。

EFTのページを読んでみると、これも元々はキネシオロジーと繋がっているテクニックということが書いてあり、顔にあるツボをたッピングし、アファメーションという言葉を言うことで負の感情を解放するという内容でした。

すぐに興味を持ち、さっそくEFTのセミナーを受講することにしました。

当日、胸をドキドキさせながらセミナー会場に行きました。
会場はすごい人の数であふれかえっています!
EFTについてのやり方や説明をしながら、実際にとなりに座っている方とペアを組みながら進めていきます。

どんなことが自分の中でストレスになっているかを話し、セッションしていきます。
私のその時のストレスは「将来もずっと施術家としてやっていけるか?」というストレスだったと思います。

半信半疑で「本当に効くのかぁ~?」と疑いながらもセッションしていると、「あれ?なんかさっきまで考えると重い感じがあったのに抜けたような気がする」と思えてきたのです。

セミナー受講後、自宅に帰ってからも自分で何度かセッションしているうちにどんどんと「感情の変化」が感じられるようになってきました。
変なプラス思考ではなく、心から「以外と悩むことないんだなぁ」「こういう風に考えればいいんだ!」と明るい感情に変化していました。

私の場合、すぐに負の感情が消えるのではなく、徐々に変わっていく感じでした。
人によっては1回のセッションで劇的に変わる方もいるそうです。
今、思い返すと本当に素晴らしいテクニックと出会ってきました。

2007年には、フィシオエナジェティックというキネシオロジーをさらに進化させたオーストリア生まれのテクニックとも出会いました。

人間のレベルを構造・精神・ケミカル・インフォメーション・エネルギーと5つに分けて調整するという素晴らしいテクニックです。

施術の世界は、上を見れば本当にキリがないような奥の深い世界です。
でも、あきることなく楽しいやりがいのある職業でもあります。

私はこれからもそんな奥の深い世界に魅力を感じながら探究し続けていくでしょう。

すべては自分が望んだ「引き寄せ」だった!

「引き寄せの法則」というのをご存じでしょうか?

最近では、「引き寄せの法則」についてたくさんの本が出版されているのでご存じの方が多いと思います。

「引き寄せの法則」を有名にしたのが「ザ・シークレット」という本です。

「引き寄せの法則」を知らない人にとっては「何のこっちゃ?」と思いますよね?

簡単に言うと、「自分が望むことは引き寄せることができる」ということです。
すごいですよね?そんな便利な法則があれば今すぐにでも使いたいと思いますよね?

でも注意していただきたいのが、心の中で「絶対無理!」「そんなわけないよ!」と思っているとそのようなことを引き寄せてしまうようです。

引き寄せの法則は、あなたの望むことがいいことか悪いことかの区別がつかないそうです。

だから、マイナスなことを考えるとマイナスなことを引き寄せ、プラスなことを考えているとプラスなことを引き寄せるのです。

そのようなことが書かれているのが「引き寄せの法則」という本です。
マイナス思考を考えてしまう場合の対処法も書いてあります。

興味のある方は「引き寄せの法則」の本を読んでみるのが良いでしょう。


私が「引き寄せの法則」を知ったのは、カイロプラクティックと出会った後のことです。

実は、「引き寄せの法則」を私は知らず知らずのうちに使っていたようです。

もちろん、その時にいろいろと苦労することやイヤなこともありましたが結果をみれば自分が望むことを引き寄せていました。

  • カイロプラクティックを通して体について学んだり、人の健康のお役に立つという楽しさや素晴らしさ
  • 素晴らしいテクニックに出会っていくこと
  • とてもいい患者さんと出会っていくこと
  • 患者さんに喜んでいただける施術院にしていくこと
  • 施術を通しながらいい人生を送っていけること
  • 自然治癒力や健康について多くの方に伝えていくこと

などなど他にも細かくありますが大きく分けるとこのようなことを引き寄せていたようです。

本当に不思議なことです。

今では本当に「引き寄せの法則」はしっかりと自分の中で動いているんだと確信しています。

そして、素晴らしい出来事や素晴らしい患者さんとの出会いに感謝しながら、「引き寄せの法則」をどんどん使って施術にあたろうと思っています。

体のこと・心のこと・体の使い方・改善アドバイスなど、あなたの健康にお役に立つ大事な情報をどんどんお伝えし、「あなたの!明日の!元気の!ために!」をモットーにしっかりと健康をサポートしていきますよ!

ページの先頭へ