整体の施術時間について | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

なぜ、古河市整体フジサワカイロプラクティックは短時間で多くの変化を感じられるのか!?その秘密を紹介します。

おかげさまで古河市整体フジサワカイロプラクティックは2003年の開業から10年以上、多くのクライアント様に支えられて今日までに至っています。

開業後も技術の向上心を忘れることなく、興味があったり「スゴイ!」と感じた手技療法のセミナーや勉強会には今でも積極的に参加しています。

施術内容も開業当初と比べると年々変わっていき、今では部分的なアプローチというよりも、痛みなどの症状にとらわれない、痛みが起こる、より本質的な部分を見つめるアプローチを心がけています。

当院も開業当初はクライアントさん一人に対して約60~90分程度のお時間をかけてボキボキと骨を矯正したり筋肉のほぐしを中心とした施術を行っていました。

それが年々、月日を重ねるたびに、ボキボキと骨を矯正したり筋肉をほぐすことはなくなり、クライアントさんにとって本当に必要となる刺激のみだけを行うようになりました。

そして、より本質的な部分だけを見ていくごとに50分、45分とだんだんと施術時間が短縮されていき、現在は2回目以降のクライアントさんの場合、施術だけなら、お一人約30分程度です。

うんと短い方ですと15分程度の施術で終了することもあります。

私の知る限り、古河市内の一般的な整体・カイロプラクティック院では、約60分程度の時間をかけて施術する整体院がほとんどです。

このことは古河市内の整体・カイロ院に限ったことではなく、全国的な多くの整体・カイロ院の平均的な施術時間から見てもそうだと思います。

施術時間の単価でみれば、30~40分程度の施術で施術料金は6000円以上いただいていますので古河市内の整体・カイロ院の中では高額な施術料金をいただいていると思います。

施術時間の単価としてみれば、古河市内の整体・カイロプラクティック院では高額な部類に入るにも関わらず、古河市内で「より本質的なアプローチ」を望むクライアントさんからは圧倒的な支持をいただいている整体・カイロプラクティック院の1つであると思います。

このページでは、なぜ古河市整体フジサワカイロプラクティックの「施術時間は短いのか?」そして、なぜこれほどまでに「本質的なアプローチを望むクライアントさんに圧倒的な支持をいただいているのか?」について解説します。

施術アプローチと時間の関係 | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

ショッピングセンターなどにある「○○分○○○円」で行うような時間で切り売りするリラクゼーションや慰安的な施術であれば、施術時間の長いコースの方が料金は高くなります。

しかし、古河市整体フジサワカイロプラクティックが行っているアプローチ方法は慰安やリラクゼーションとは違います。

古河市整体フジサワカイロプラクティックでは本質的な部分からカラダを整えていきます。

そして、つらい症状から解放されたいというクライアントさんが来院するので、施術の時間に関係なく、それりも早く楽になれるのであれば早い方が良いと考えています。

よく仕事ができる人は、仕事に限らず何でもやることがやることが早く、短い時間でこなすと言います。

整体の技術も術者のスキルが上がれば上がるほど、よけいなことは一切行わず、本当に必要となるアプローチだけで、より早く、より多くの変化が出る方法ができるようになっていきます。

だからと言って手抜きしているのではありません。

より、ていねいに集中して、1手、1手の質を高め、深い味わいが感じられる世界観を出しています。

こだわってこだわってこだわり抜いてムダなことを一切省いているのです。

「クライアントさんへの触れ方」「力のかけ具合やベクトル(方向)のかけ方」「おカラダのチェックの方法」他にもたくさんありますが、どうでもいいと思うようなことにも1つ1つこだわり抜いています。

どんなことでも、より早く、安心できる質の良いものを提供できれば、その分の価値が高いですよね?

整体によるアプローチもそれと同じことが言えます。

つまり「体がラクになる」という結果に早くたどり着ける方がサービスの質としての価値は高いのです。

「時間に対しての満足感」ではなく「質に対しての満足感」です。

もちろん、短い時間でしっかりとクライアントさんに満足していただき、感動して下さるほどのカラダの変化を体感していただくには、当然ですが、整体技術を磨き、日々高めていくことがとても重要です。

古河市整体フジサワカイロプラクティックでは、開業当初と比べると、現在はまったく別のアプローチ方法になってきました。

ムダな刺激やアプローチを徹底的に排除しました。

骨格構造に焦点を当てるのではなく、ラクな感覚に焦点を当てるという、従来の考え方とはまったく正反対の部分に着目しました。

1手、1手ごとの質にこだわり、ミリ単位のわずかな刺激の加減、やさしい体への触れ方に集中しました。

いかに手数を少なくし、クライアントさんのお体にとって負担にならない「わずかな刺激量で最大限の変化を出せるか?」にこだわりました。

他にもいろいろありますが、このようにして「いかにクリアーな状態でより本質的な部分にアプローチできるか?」これを永遠のテーマにしながら施術を行っています。

毎回、同じようなことの繰り返しですが、自分の感覚を研ぎ澄ましながら1手、1手、丁寧に行っていくと少しずつですが、見える景色が違ってきます。

今まで感じ取れなかったことが感じ取れるようになったり、なんとなく見えていたものがはっきりとらえられるようになったりと自分自身のスキルを高めながらもその深~い世界を楽しんでいます。

私は、整体のお仕事も職人と同じだと感じています。

本当に日々の訓練、心構え、意識の持ち方などがとても大切です。

日々、施術への感覚を研ぎ澄まし、努力して経験を積み重ねていくと、少ない施術刺激でも大きな変化が生まれるアプローチができるようになるのです。

整体もほかの職人のお仕事と同じで追究すればするほど、永遠に終わりはないかもしれません。

自分の中ではまだまだ荒削りな部分も多く、今でも満足できる理想の世界には近づいていませんが、日々さまざまなことを意識しながら施術に励んでいます。

整体技術の質と量 | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

手技によるアプローチも技術の質が高まると、より少ない刺激でカラダに大きな変化を出せるようになります。

技術の質が高まると同時に、わずかな変化やカラダの声がクライアントさんのお体を通して感じ取れるようになっていきます。

このような細かい繊細な感覚が感じ取れるようになってくると、クライアントさんそれぞれにとっての適切な施術刺激の量もなんとなく伝わってきます。

これは言葉に表現するのが難しい、感覚を頼りにした経験が物を言う職人的な判断です。

これは私の考えですが、こだわりを持ち、その日その日の気温や湿度など、細かい繊細な感覚を持ってスープを作るラーメン屋の店主は、間違いなくスープと会話しながらスープを作りあげていると私は思っています。

これは経験の浅い先生や普段、あまりこういうことを意識されていない先生の場合、技術も判断力もあまり長けていないため、あれやこれやといろいろアプローチしないと「クライアントさんが満足しないんじゃないのか?」と思ってしまい、ついつい施術刺激をたくさん加えすぎてしまうことが多くあります。

実際に開業当初から約3~4年ぐらいは私自身もそんな感じでした。

「ここまででOK!…かな?」と私も自信がなかった時期は、やはり過剰な施術刺激を入れてしまい「次の日のだるさがひどく出た!」というケースをたくさん経験してきました。

今、このことを振り返ってみると、自分に伝わってくる「これでよし!」という直感的な判断を、少なからず感じていたにも関わらず「これだけではクライアントさんが満足しないんじゃないのか?」という気持ちが強く、ついつい余計なアプローチまで行っていたことが原因でした。

今、現在ではそういうことはほとんどなくなり、自信を持って「その方にとって本当に必要となる施術刺激のみ」を追究して、こだわり出すしてからは短時間で大きな変化を出せるようになってきたのです。

そして、うれしいことに施術の時間ではなく「手数が少なく短時間でいかに最大限の変化を出せるか?」にこだわりだしてからはクライアントさんの満足度も上がり、以前よりも多くの驚きと感動をいただけるようになり、年々、施術予約を頂く人数も増えていっています。

古河市整体フジサワカイロプラクティックでは、単純にその場の痛みだけを取り除いてほしいことを優先する方よりも、痛みの原因を生活習慣、食生活も含めて根本的に良くしていきたいという本質的なことを良くしていきたい方を優先しています。

そしてより本質的で今まで味わったことのない深~い刺激を体感され、皆さん満足して帰られています。

ページの先頭へ